みんな良い曲流そうぜ!

実際に結婚式に携わるブライダルの音響さんが演出シーンを妄想しながら説明する、本当に役に立つWedding BGM講座ブログ

新郎が見上げた先はきっと...

本日の結婚式でこんな事がありました。

 

披露宴のエンディング、両親に感謝の花束を贈るシーンで、新郎がふっと空を見るように、上方を見上げました...

 

...話は少し戻ります。新郎の中座のシーンで、エスコートがお姉様でした。司会がインタビューをして、最後に新郎にお祝いのメッセージをお願いすると

 

新郎はかなり体格の良い方だったこともあり

「最初は面白くて吹き出してしまったけど、馬子にも衣装ですね。見慣れてくると、なかなか素敵に見えてきます」

 

なんて、会場の笑いを誘ったりしつつ、ある時にふと、言葉に詰まりました。

 

そして、目には涙を浮かべつつ

「今日のこの結婚式を誰よりも嬉しく思っているのは、きっと母だと思います」

言葉を続けました。

 

そう、新郎の母親はすでに亡くなっていました。

 

そして、話は戻ります。新郎新婦が感謝の花束を両親に渡すべく、ゲストの間をゆっくりと歩みます。

 

ふたりの視線の先には、新婦の両親、そして、新郎の父親、父親が抱く母親の写真が待っています。

 

父親の前に辿り着き、花束を渡す新郎

 

ここまでは、私にとって日常の風景で、どう上手く演出していこうかと集中しているので、どこを見るでもなく、大きく全体を見ています。

 

そんな時、新郎がふっと空を見るように、上方を見上げました...

 

「えっ、お母さん」

 

不思議と意識の中にピンときて、改めて新郎と父親に目をやると、ふたりとも号泣していました。

 

そんな様子を見ている私も、目に涙が浮かんできました。

 

新郎のあの視線の先にはきっと、母親が来てたんじゃないでしょうか。

 

列席の方たちも気が付いたのでしょう、とても感動的な花束贈呈となりました。

 

すごく印象に残ったので紹介してみました。

 

広告を非表示にする