読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな良い曲流そうぜ!

実際に結婚式に携わるブライダルの音響さんが演出シーンを妄想しながら説明する、本当に役に立つWedding BGM講座ブログ

ただ ありがとう / Monkey Majik

結婚式でも非常に人気が高く、色々なサイトでもよく紹介されている曲です。

音楽打ち合わせの際にもよく新郎新婦からリクエストをいただいています。

歌詞の内容はラブソングなのですが、歌の冒頭に「ありがとう」という歌詞が聞こえてきて感謝をイメージさせる曲でもあります。

演出のどのシーンにも当てはまる汎用性の高い曲でもあるので、どこの演出に使うかを悩むところ。

新郎の中座(退場)に使っても爽やかな印象ですし、感謝を伝える意味を込めてエンドロールでも使いたいですね。ただ曲の長さが[3:46]なので、少し短い印象があるのでそこだけは注意です…

 

本当にどこにでも合うこの曲ですが、私のイチ押しは新郎新婦の退場です。

結婚式のラストの締めとして使うととっても良い雰囲気になります。

 

スポンサードリンク

 

 

それでは妄想のお時間です

両家代表謝辞がおわり、ついにラストの締めとして、おふたりを代表して新郎からの謝辞。

今日の自分達がここにいるのは、本当に今まであたたかく、時には厳しく接してくれた皆さまのお陰と日頃の感謝の思いをを粛々と述べ、最後にしっかりと謝辞を締めます。

「本日は本当にありがとうございました」

新郎謝辞の締めの言葉をきっかけに、ピアノのあたたかなイントロが始まります。会場がまとっている良い空気を上手く引っ張りつつゲストの皆様に深く一礼をするふたり。

イントロが開けて曲はサビへと盛り上がっていきます。

ただありがとう伝えたくて

 

音楽でも「ありがとう」と感謝の思いを伝えながら、おふたりはゲストの祝福の拍手を浴びつつ退場口に向かって歩きだしていきます。

想像できましたでしょうか?

本当にあたたかく、爽やかな印象の残る新郎新婦退場になりましたね。

ただ、ありがとう

ただ、ありがとう

 

他にも新郎新婦退場におすすめな曲

 

 

 

広告を非表示にする