読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな良い曲流そうぜ!

実際に結婚式に携わるブライダルの音響さんが演出シーンを妄想しながら説明する、本当に役に立つWedding BGM講座ブログ

挙式・人前式での新郎入場曲は、この曲で決まり「The Rose / Westlife」

挙式・人前式の入場曲として最高の曲

挙式・人前式での音楽にもこだわってみませんか?

今回は、数多くの結婚式に音響として携わってきた、プロである私が、挙式・人前式での新郎の入場曲に、一番合っている最高の曲だと思う1曲を紹介します。

The Rose

The Rose

 

その曲は「The Rose / Westlife」です。

この曲はカヴァー曲で、「ベット・ミドラー」が歌う同名曲がオリジナルです。

非常に有名な曲なので、「聞いたことある」と思う方が多いです。

打ち合わせの際にも、曲を流すと大抵の人は知っていますね。

年配の方もよくご存知の曲で、結婚式でも昔からよく使われている曲です。

 

スポンサードリンク

 

挙式・人前式についての注意点

さて、ここでまず、挙式についての注意点があります。これは、多くの結婚式会場が、挙式の時の曲を変更することができないということです。

これについては、担当のプランナーに確認するとよいのですが、だいたいどこの会場もキメの曲で挙式を運営しているので、曲の変更を受け付けていません。

ただ、意味なく変更できないと言うわけではなく、挙式という厳かな雰囲気を壊さないためや、運営上の曲の尺的な要素も含めて、変更できないことが多いです。

もちろん、挙式が生演奏であれば、レパートリーなどの関係で、曲の変更ができないということもあります。

ですから、神や仏に誓うのではなく、列席のゲストに結婚の誓いを立てる、少しフランクな印象の人前式であれば、音楽を決めても構わないよって会場が多いです。

まぁ、前提として、挙式や人前式の音楽を音源で流しているということが必須条件ですね。

 

「The Rose」が新郎の入場曲に最高な理由

やはり、一番の要素はその曲調です。しっとりとしたバラードであり、挙式という厳かな雰囲気を保てるということです。

さらに、メインの楽器がピアノであること。これも、挙式という空気をうまく作ってくれます。

最後は、男性ボーカルであることです。これがカヴァー曲を選択した意味なんですが、男性の入場曲に男性ボーカルを使うことで、かっこよさや、男性らしさを表現できるからです。

 

妄想のお時間です

それでは、ちょっとどんな入場になるのか?妄想してみましょう。

 

今から始まる挙式を前に、ゲストは緊張と期待を高めていきます。

そんな中、会場スタッフから開演の案内があり、音楽がスタートしていきます。

 

「タン…タン…タン…タン…」とイントロのピアノが流れ始め、スーッと空気が緊張で張りつめていくように変わっていきます。

歌声が始まってチャペルの扉が開き、牧師先生と新郎が登場します。

優しさに包まれるような……これから新婦を守っていかないと…という覚悟を感じるような…そんなボーカルの歌声に合わせつつ、一歩、また一歩と、その歩を進めていきます。

祭壇の前につき、ゆっくりと振り返り新婦を待つ新郎……そんな真剣な表情が、さらに素敵に見えてくる。

……そんな入場になるでしょう。

The Rose

The Rose

 

「The Rose」が入っているカヴァーアルバム 

The Love Album

The Love Album

 

全体的に綺麗なバラード曲が多いカヴァーアルバムになっています。

このアルバムに入っている「You Are So Beautiful (To Me)」 も、かなりヤバイ曲ですから必聴ですよ。

 

▼こちらもどうぞ