読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな良い曲流そうぜ!

実際に結婚式に携わるブライダルの音響さんが演出シーンを妄想しながら説明する、本当に役に立つWedding BGM講座ブログ

『大人ウェディング』にしたい二人にオススメな入場曲「Everything / Michael Bublé(マイケル・ブーブレ)」

マイケル・ブーブレを知っていますか?ジャズやポップスのスタンダード曲を、ほんとにサラッと歌う素敵な歌手なんです。しかも、そのカヴァー曲がしっかりと彼の曲になっていて、カヴァーに良くあるイマイチ感がないのが素晴らしいです。大人ウェディングを考えている二人には、是非一度聞いていただきたいところ。

今回は、そんな彼の歌う「Everything」という曲を紹介します。

Everything

Everything

スポンサードリンク

 

どんな曲なの?

まずは、和訳を参考にしたブログで「恋をした時に聞きたいポップな曲」とこの曲を表しているが、非常にうまい表現だな、と感じました。

 

和訳参考ブログはコチラ

lyricstravel.hatenablog.com

 

というわけで、非常にウキウキするようなハッピーな曲であり、男性が恋をしているときのちょっとした可愛らしさみたいな物が、ふんわり伝わってくるような、柔らかさのある曲です。曲調も、とても軽やかであり、爽やかなイメージです。

 

例えるなら、彼女とデートして、帰り道に楽しかった今日の1日を思い出しながら、なんとなくスキップしてしまってた、って感じでしょうかね。

 

この曲にこんな歌詞があるんですが、それがまた可愛いんですよね。

君は僕の歌そのもの、だから歌うんだよ

だって君は僕の全てなんだ

だから、ラララって歌い出したくなるよ

どうですか?この良い感じの恋して舞い上がってる感。イイですよね。

 

この優しい太陽の日差しみたいな明るさが、ほんとになんとも言えないハッピー感があって、私もこの曲かなり好きです。

 

この曲を結婚式で使う本当の良さ

なぜこの曲を結婚式で使うことをオススメするのかというと、その本当の意味として、歌詞の良さはもちろんのことなんですが、一番のポイントはこの曲の「大人っぽさ」です。

最近は「大人ウェディング」とか、「大人婚」なんていう言葉を良く聞くようになりました。日本人の生活スタイルというか、世の流れというか、結婚は早くする方が良い(良く30前には…なんて言ってましたね…)というような考えが薄くなってきていて、大人になって結婚式を挙げるカップルも増えています。

そんな大人なふたりは、会場の装飾や装花、ドレスや料理ってかなりこだわりを持ってプロデュースしますよね。(もちろん大人じゃなくてもこだわりますけれど)

音楽のプロとしては、そこだけでなく、音楽も同じようにしっかりとこだわりを持って選んでほしいと思っています。

そうすると、オシャレであることも重要ですし、大人っぽいしなやかさやスマートさ、合わせて余裕なんかも、結婚式の音楽に感じられると『大人の素敵さ』につながっていくのではないでしょうか?

この「Everything」には、そんな大人の魅力が詰まっていますので、オススメなんです。

 

結婚式で使うならどの演出?

入場曲が一番のオススメシーンです。やはり、この曲の持つ軽やかさ&爽やかさを活かしていきたいですよね。ゲストがふたりの登場を期待の中待っていて、こんな曲がサラっと入場曲で流れたりすると、「スマートなふたり」という印象がつきます。

派手で劇的な入場ではないけれど、サラリとかっこいい事が出来る人という感じのイメージを表現しつつ、好感が持てる入場になります。

 

そのほかのシーンでは、人前式の入場のシーンです。こちらでは挙式のシーンなので、新郎と新婦は別々の入場になっています。ですから、挙式のスタートでもある、新郎の入場で使ってほしいですね。ハウスウェディング会場で、ガーデンを使っての人前式であれば、なお良いです。

人前式という挙式スタイルは、神や仏に愛を誓うのではなく、参列してくれるゲストに結婚の立会人になってもらい、ゲストの皆さんに永遠の愛を誓うというもの。その少しフランクである挙式スタイルにこの「Everything」の曲調がとても似合います。「厳かさが大切な結婚式じゃないんだよ」ってゲストも人前式という挙式スタイルに入り込みやすくしてくれます。

そして、もしもブーケ・ブートニアの儀式を挙式でするのなら、さらに-Good-です。ブーケ・ブートニアの儀式とは、ゲストから一輪づつ花を集めて、その花束をブーケにして新婦にプロポーズするという儀式。

[昔のヨーロッパのプロポーズの再現的な意味合いなんですが、ここでは若干割愛]

プロポーズをするために、彼女の家まで歩きながら、道に咲いている花を集めてる感じがすごく感じられます。

スマートさに柔らかさや軽やかさなんていう、良いイメージの印象がたくさん詰まったこの「Everything」是非聞いてみてくださいね。

 

Everything

Everything

 

「Everything」が入ったアルバム

Call Me Irresponsible

Call Me Irresponsible

 

 

▼こちらもどうぞ