読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな良い曲流そうぜ!

実際に結婚式に携わるブライダルの音響さんが演出シーンを妄想しながら説明する、本当に役に立つWedding BGM講座ブログ

結婚式の音楽、いったい何曲必要なの?

結婚式が決まったお2人が演出について考え始める中で、結婚式のBGMいったい何曲必要なの?という疑問が浮かんでいるのではないでしょうか?

 

今回は、実際に必要な曲数や音楽のピックアップのヒントをお伝えしたいと思います。



披露宴の演出内容や衣装の点数よって若干変動しますが

 

平均で15曲程度は必要です。

 

演出が控えめな最低限の一般的な流れで説明すると

 

入場、乾杯 ケーキカット 新婦中座 新郎中座

 

再入場でラウンドサービス

もっとも多いのがキャンドルサービスですね。

ここがポイントでゲストテーブル全てを回って挨拶していくので、一曲では足りません。

 

大体3曲程度がゲストテーブルを回っていくのに必要な曲数です。


さらにメインキャンドル演出でもう一曲使用します。

 

あとはエンディングのシーン

 

新婦お手紙 花束記念品贈呈

最後に新郎新婦退場

となってます。

 

この流れでは11曲必要になってますが、子供花束や、祖父母プレゼントなど追加でやりたい演出が増えればそれに応じて曲数も増えていきます。